ペニンシュラキッチンにリフォーム

「ペニンシュラ」とは「半島」の意味。

最近その使い勝手の良さで人気のスタイルです。
「アイランドキッチン」より、一般向きと言えるかもしれません。

kit

Sponsored Links

一般的なペニンシュラのセッティングは壁側にカップボード等が配置される場合が多いです。

現在I型の一般的なキッチンであり、この形でリフォームを希望する場合、対象となる部屋にはある程度奥行きがある事が条件となりますが、夫婦だけなど、食事をカジュアルに楽しむ場合は、食卓を置かずに半島部分のカウンターの奥行きを大きく取る事で食事のスペースと兼用されても、
オシャレなライフスタイルが演出されるでしょう。

又、排水、給水、給湯等を変更必要がありますが、色々な事情で大掛かりな工事が難しい場合は、この「サンウェーブ・ピット」の様に、壁側に配管スペースをセットできるタイプなどもあります。

「配管スペース付きサイドポケット」

いずれにせよ、加熱機器はIHクッキングヒーターにするのがオススメ。
又、現在プロペラファンを使っているキッチンは、シロッコファンに変えて大きめのオープンキッチン用のフードにした方がベスト。
(半島側にIHヒーターをセットする場合、デザインフードを良く使う。)

但し、天井付きや、内部壁にフードを設置する場合、ダクトを伸ばすことは可能かという事の確認をしておく事と、又プロペラファンの開口部は大きいので、小さく手直ししなくてはならず、外壁工事が必要となってきますので、その辺りの検討も行って下さい。

匿名・無料でリフォームの見積もりができます。

Sponsored Links