部屋の大きさを変えたい

住まいが木造なら、上下階を通る「通し柱」、構造上必要な「耐力壁」等は取り去る事ができません。ですので、その位置を図面から読み取り、計画を進める事になりますが、なかなか思うような大きさでオープンにする事は難しい場合があります。

しかし、そんな場合は取り去れなかった「柱や壁」を、逆に部屋のポイントとしてデザイン的に有効にアレンジします。例えば、作りつけのテーブルとセットしたり、飾り棚とジョイントさせたり、太めに創ってポイントカラーでペインティングしてアクセントにしたり等です。

床、壁紙、天井の仕上げをトータルでコーディネートすれば、残った柱の存在感については、「思っていたより少ないですね」というご意見も頂きました。

特に、仕上がりの予想図などを提出してもらい、ご自分でオープンスペースになった時のイメージを掴む事も大切です。