シンプルモダン・コーディネートの例

シンプルモダン・インテリアのコーディネートの一例です。

3Dパースを作成しました。
コーディネートの参考にして下さいね。

シンプルモダン2

シンプルモダン

やはりモノトーンベース。さらにシルバー色を追加。
オールモノトーンですとのっぺりしますから、濃い目の茶系と薄めのベージュでハズシも入れます。
差し色はレッド系をオススメ。そして観葉植物も効果的に配置。
フォルムは直線主体。
ソリッドでシャープなイメージにまとめます。

壁等はコンクリート打ちっ放し、天井はエマルジョンペイント。
床はフローリングですが、かなり薄めのカラーです。
照明はスタジオテイストなデザインを。
そして家具はここではカッシーナなどのブランドを使用。

一例:
手前食卓側チェア・・・LC7 ル・コルビジェ
パーテーション手前サイドテーブル・・・E-1027 アイリーングレイ
階段側奥チェア・・・414cab・・・マリオ・ベリーニ

などなど。。。。

お知らせとお詫び

記事のページから、タイトルをクリックしトップページに戻りますと、
文字化けが起こる不具合が発生しておりました。

現在は修正致しまして、正常に稼動しております。
ご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。m(__)m

最新!スタイルミックステイストその1

今年に入った頃から、そろそろ注目されてきた「スタイルミックス」(ミックススタイルとも言われます)テイストのインテリアコーディネート!エクレクティック(折衷主義)と呼ばれるこのスタイルはインテリアの世界的トレンドでもあります。
(★eclectic で検索すると海外のステキな実例が見つかりますよ!)

これは、以前にもご紹介しました、「モダン・バロック」テイストのインテリアコーディネートもそのカテゴリーに含まれます。そもそも本来海外では結構普通に行われていたコーディネートの手法です。(と言っても、意識して行われていたのかどうかは微妙なトコロだと私は思います。国民性もありますし、、、、。)

実は、このスタイルこそが、「コーディネート」の真髄かもしれません。
なぜなら、

・テイストの全く違うもの(例えばクラシック×モダン アジアン×フレンチシック)を組み合わせたり

・カラーコーディネートの教科書的なイロハは無視したり

・素材のマッチングもバラバラだったり

こんなこと、あんなことを全く1度クロスオーバーさせたにもかかわらず、結果的に「すごくお洒落」「かっこいい!」という印象を与えるインテリアコーディネートのスタイルなんです!

このスタイルを成功させる為にはもちろん「センス」という感覚的なモノが重要になってくるんですが、実を言うとここのブログや私のサイトでも何度か書かせていただいたのですが、”皆さんが「自分の個性」で「好きなもの」を「好きなだけ」「自信を持って」コーディネートしていただきたい・・・”という思いにも通じますから、嬉しいトレンドです。

だって、インテリア=「自分の好きな空間」でありますから、、、。

「試行錯誤の喜び」とか「自身の脳内の整理」とか「混沌の果ての静寂」とか。。。。(すみません、ちょっとアブナイでしょうか;)
そんな事に心動かされるアナタにもピッタリかも?

もちろん、インテリア上級者の方なら、腕の見せ所ですね★

このテーマについては、数回とりあげさせていただきたいと思っています。

→★スタイルミックスのインテリアに最適な家具は、まだまだ日本では紹介されていないようです。
インターネットショッピングでは、オットージャパンがオススメ。ヨーロッパ発「オットーグループ」ですから、海外のトレンドなインテリアアイテムが手に入ります。
※2015年編集追記:現在上記サイトではインテリアの取り扱いはされていません。

>> スタイルミックステイストその2へ

オットー

プリンセスピンクのベッドとモスキートネット(天蓋)

姫系ピンクのベッドです。
ベッドファブリックも思い切りロマンチックにまとめてみましょう。

姫系ロマンティックファブリック

icon
icon
天蓋付きアイアンお姫様ベッド(マットレス付き)
icon

ベッドの上には・・・こんなモスキートネット(天蓋)でお姫様気分!

モスキートネットYB1 【ロマプリ】

右上と同じタイプのベッドですが、ベッドスプレッドを変えるとこの様に雰囲気が変ります。

アイアンベッド(マット付き) シングル・天蓋(てんがい)付き

モダンバロックなインテリア

「歪んだ真珠」という意味の「バロック」。
歴史でも習う、バロック建築、「君はバロックだ」と言った高名な建築家の言葉でおなじみのはず。次の時代のロココ調に比べ、よく似てるけれどもう少し男性的で重厚(ま、それでもかなりくどさはありますが;)・・・と学生時代に習ったのですが。厳密に分けるのは難しそうな感じもします。(。。。って、私が勉強不足なだけかもですけれど;)

今までは、どちらかというととっつきにくい印象のテイストでしたが、これからはモダンテイストと融合しながら、高感度な方に受け入れられそうな予感がします。

そんなモダン・バロック風なイメージのアイテムをピックアップしてみました。


アンティーク&モダンなペンダントライト。


バロック様式のKartell(カルテル「Louis Ghost(ルイ・ゴースト)」ポリカーポネート素材のチェアです。(透明)

こちらは、黒のポリカーポネート製。


ネオ・バロック調のテーブルランプ


さりげなく置くだけでトレンド感のあるフェルーチョ・ラヴィアーニデザインのテーブルライト

「インテリアする」ということ。

さあ、何も無い部屋に引っ越しました!

どうしますか?コーディネート。
きっとネットを観る皆さんなら、WEBで色々な情報を取り入れてきたりされますよね。
でも、、、。
どうですか?「ますます混乱しちゃった;;」という事、ないですか?

このブログに来ていただいてナンですが、プロの書く記事はそれぞれの方のセンス、見方、色々な物によって、表現も説明も違うもの。

他聞にもれず、私も「コーディネートは、まず床の色、そして壁のテイストを考慮し、うんぬん、、、」なんて、依頼された原稿なんかでは書いちゃったりするんですもの。;;
もちろん、これは「一般的・教科書的」なお話だという事につきます。

実際、レイアウトやコーディネートに困っているかたは「コーディネートはこーでねぃと!」と教えて欲しいものですよね???
ね?

そういう困った時の裏技は、、、。

まず。

「俺、コレ一番気に入った!」「私、コレ絶対部屋に置きたい!」というのを一つ、見つけておくんです。
それは、ソファでもいい、カーテンでも、小物でも、照明でもいいんです。

で、「それが一番引き立つ物はナンだろう?」と考えてみてください。

たとえばピンときたカーテンが柄物だったら、その中の一色から他の色を選んでベッドファブリックを決めよう、とか、いやいや、他は白一色にしちゃおうか、とか。

小物がシンプルだから、他もシンプルにまとめよう、とか、いいえ、私はこの小物さえあればあとは全部色々な物があっても気にしないもん!とか。

それがご自分の「好みのスタイル」、「オリジナルコーディネート」という事なんです。

たとえば、明るい太陽の下で暮らす南欧の人がビビッドな色彩を好み、それが実際とても空の色、肌の色にマッチしている事。イギリスの曇りがちな「グレー」の空の下に、あのロンドンバスや近衛兵のユニフォームの「赤」が合うという事。

そんな、ごくごく無意識な「合う」というイメージは、人間という「生物」が生まれつき持っているものだと私は思っています。

なので実際仕事の場でもまずはお客様の「嗜好」「ライフスタイル」をじっくりと伺う事が基本だと考えています。

話がちょっと飛んじゃいましたが;「決まらない」「決められない」というのは実は「自分の好みがイマイチはっきりしていない」という事なんだと思っています。
ですから、決まらない場合は、「一つ」で良いので、「ソレを見つける」という事から始めてみてはいかがでしょう。

(ホントに「マジで何も決められない」という方の場合の最終兵器は、「ナチュラルモダン」での統一がおススメ、、、、。つまり日本の暮らしに昔からある「木」のテイストを「センスアップ」したスタイルだから、「なじみ感+インテリアしてる感」があるんです。)

もちろん、「そんなの、面倒だからプロにまかせるわ」という方、それもご自分の「好みのスタンス」という事!

しかし、良く感じるのですが、プロよりもセンスのある方は沢山いらっしゃいます。とても嬉しい事です。そんな方には、「ハウジング」という住まい全体ベースでのアドバイスができればと考えています。
やはり「感性」というのはひとそれぞれ。一人ひとりの「好き」を輝かせていただけるようなお手伝いをするのが、プロなのだと思っています。

私は「インテリアコーディネート」という言葉より、「インテリアする」という言葉を最近良く使います。

もちろん、実務では色々ありますけれども、どんな小さな事でも、期待された事に対して100%ではなく120%以上の答えを出すのが専門職の使命(うっ;オーバーかしら?)なのではないかしらと、日々、子供、仕事とバトルを繰り広げながらプチ妄想をしておる次第であります。

(久しぶりですのに、ヘンな文章でスミマセン;)

ナチュラルモダンコーディネートの寝室

ナチュラルモダンと一口に言っても、最近はアジアンモダン、シンプルモダンとクロスオーバーな感覚のコーディネートが増えています。ファブリックも、異質なテイスト(サテンのゴールド地など)を「ズレワザ」として取り入れると、とても今ドキ調のインテリアになります。




素敵なナチュラルモダンテイストの「カリモク」のベッド。

ロマンチックな女の子のお部屋・その2

入学・進学を期に、我が家のお姫様にプリンセスチックな
インテリアをと、お考えのママに。

トータルにコーディネートできるこんなシリーズを見つけました。
(最初ご紹介した当時のサイトではもう取り扱いを終了していたので、
今日やっと見つけてきました;)
白がベースなので、気になる今の床の色なども選びません。
又ベッドは収納も付いてますので部屋を広く使う事ができます。
価格もリーズナブルです。

プリンセス子供部屋


ラブリープリンセスシリーズ

インテリアデザイナーと家具選び。テイスト別のコーディネートのヒントも。