WILLIAM WARREN(ウィリアム・ウォレン)「SILHOUETTE CHAIR VICTORIA」

モダンバロックインテリアやスタイルミックスインテリアのお好きな方に。
新しいブランドをご紹介します。



WILLIAM WARREN(ウィリアム・ウォレン)「SILHOUETTE CHAIR VICTORIA」

この「ヴィクトリア」は、ヴィクトリア調の装飾の施された華麗でゴージャスな椅子がモチーフ。
イギリスの最も輝かしい時代を築き上げた女王「ヴィクトリア」から名付けられました。

イギリス史上最長の在位をほこった女王のように、この椅子は長く人々に愛される椅子となることでしょう。
座面の厚さは13mmとしっかりしたボリュームの座面です。背をもたれると適度にしなります。

ナチュラルモダンにおすすめのソファ

ナチュラルモダンインテリアにおすすめの「I-STYLERS」のローソファです。
吟味した高級素材の「麻」。ワンクラス上のくつろぎを実現します。
でもカバーリングタイプなので汚れても安心。

ロータイプ、しかもホワイト系のソファは、お部屋に圧迫感を与えず、
軽やかなナチュラル・モダンライフを演出してくれるアイテムです。

ソファサイズは幅168cm×奥行き80cm×高さ60cmです。
(クッション2個付き。)


icon
icon

I-STYLERS/ローソファライト 麻白カバー 2クッションセット
icon


icon
icon

コーディネート参考例

cosine/ラックテーブル

ナチュラルモダンなお部屋、そしてミッドセンチュリーインテリア、どちらにも
マッチするシンプルフォルムの多機能収納ボードです。

収納ボードとはいえ、350mmの奥行きがあるのでテーブル、サイドテーブル、
ディスプレイテーブル、テレビ台などなど色々な用途に活用できるのが嬉しいところ。
現代の日本の住居環境を配慮したコンパクトなサイズ感を念頭に置き、作られています。

注目のクラフトメーカー、「コサイン」製です。


iconicon

cosine/ラックテーブル
icon

icon
icon

「コサイン」は、北海道旭川にあるクラフトメーカー。
木材の集散地である旭川には家具工場が多く、樹齢の長い上質な木が使われているのも特長です。

自社工場で職人がひとつずつ手作りしている品は、ホルムアルデヒドの危険がない接着剤や、
木の風合いを活かすオイルフィニッシュなどにもこだわっています。
どれも自然の恵みを感じられる温かみ溢れるものばかりです。
修理・手入れなども請け負ってもらうことができます。

ナチュラルモダンなランプテーブル

ナチュラルモダンでコーディネートしたお部屋にピッタリのランプテーブルです。
注目のクラフトメーカー、「コサイン」製。

従来のフロアーランプと違い、テーブルと一体化したデザインなので、
リビングに置けば一人用のティータイムテーブルとして、
又アクセサリーのディスプレイに、
そしてベッドルームに置けば、ナイトテーブルとして目覚まし、メガネなどの
小物を置くのに重宝しそうです。

フォルムも、シンプルでありながら、どこどなく温かみのある
デザインとなっています。


icon
icon

cosine/布シェード ランプテーブル
icon

「コサイン」は、北海道旭川にあるクラフトメーカー。
木材の集散地である旭川には家具工場が多く、樹齢の長い上質な木が使われているのも特長です。

自社工場で職人がひとつずつ手作りしている品は、ホルムアルデヒドの危険がない接着剤や、
木の風合いを活かすオイルフィニッシュなどにもこだわっています。
どれも自然の恵みを感じられる温かみ溢れるものばかりです。
修理・手入れなども請け負ってもらうことができます。

ナチュラルモダンテイストのカバーリング

ナチュラルモダンのインテリアには色味を抑えたベージュ系や白のカバーリングが
マッチします。

又、時にはこんな風にビタミン&パステルカラーを組み合わせてもとてもお洒落。
ファブリックの大きな面積に色味を使う場合、例えば同じ色を使ったフレームを
壁に飾るなどしてお部屋全体のカラーを関連付けしてみましょう。

→掛け布団カバー

ナチュラルモダンなパーティション

artek(アルテック)のパーティション。
脚部は無く自立式になってます。細長いパイン材を連結していて、
織り成す素材感がナチュラルかつモダンな雰囲気をかもしだしてくれます。
高さが1500mmと低めなので、ベッドルームなどではベッドと他の空間との
軽い仕切りとして、リビングのスペースにリズムを加える役割として、、、など
イメージが広がるアイテムです。

icon
icon
artek(アルテック)「100」
icon

「2001年宇宙の旅」・宇宙ステーションの椅子

宇宙ステーションのシーンです。自分的にはとても好きな雰囲気。
無機質スペースの中の「生き物」のような椅子。
まるで人間より濃い魂があるみたいな。

大量に使用されていた椅子はオリヴィエ・ムルグのジンシリーズです。
今では非常に入手困難とか。手元の書籍には価格580,000円なり。とあります。

Djinn Olivier Mourgue

2001年宇宙の旅・モダンバロックな部屋

ミッドセンチュリーな空間設定でおなじみの映画「2001年宇宙の旅」ですが
こんな風に、まさに説明要らずの「モダンバロック」な場面も出てきます。

「ただ床がスペーシーなだけじゃん」と言いたくなりますが(笑)
実はベースが「オールホワイト」(含アイボリー)で統一された高度なテクニックを
駆使した空間なのです。さすがという感じですよね。

インテリアデザイナーと家具選び。テイスト別のコーディネートのヒントも。