coffee

押入れの無いワンルーム・物が多くて困ります。

Sponsored Links

相談ヒマワリ

私は両親と住んでおり、家は2世帯の造りになっていて、2階のリビングに当たる部分を私の部屋にしているので、広さは12畳とある程度はあるんですが、押入れがない上に物が多くてなかなか収納できません。

別の部屋の押入れもほぼ塞がっていて、自分のものは自分の部屋に置かざるを得ないので、タンスや本棚やカラーボックスで壁が全部埋まってしまっている状態です(゜゜;)
なんとか物を少なく見せることは出来ないでしょうか??

回答パンダ

12畳もあるお部屋なら、壁から90cmくらい離れた場所にあたる位置の天井に、カーテンレールか、ロールスクリーン、アコーディオンカーテンなどを取り付けて
内側を収納スペース(家具置き場)として使い、普段は閉めておくのが一番すっきり使えますよ。ただ、少し工事的な作業になっちゃうし、お家の都合でそれが出来ない場合もありますよね。

そんな場合はこういったつっぱり式間仕切りカーテンで、目隠ししてみるのも手ですよ★

日本製 つっぱり式目隠しカーテン

でも、もし壁が全部家具で埋まっていても、それが本当に「壁」風に見えるのなら、
さほど気にならない場合があります。
そのコツは、できるだけ前面を揃えて置くとか、家具の高低差が目立たない配置
(だんだん高くなるとか)にすること。→参考:コーディネートのコツ

ラックやカラーボックスなど布などで目隠し可能な家具なら、壁の色に近い布を前に取り付けたりして「隠す収納」に近づけます。そう、「壁風」にして「目の錯覚」を期待しちゃおうということ!

そういった「布」を活用してすっきり見せる方法が結構紹介されているようなので、参考にしてみてください。

↓海外インテリアの参考事例

オープンラックやカラーボックスの中に「インナーボックス」を入れて収納することがよくありますが、素材や色を揃えると、統一感がでます。
お気に入りのカラー、2色までなら、すっきり見せることができます。


【単品・3個セット】インナーボックス 深型 IB-38D ピンク・パープル・グリーン・ブラウン・ホワイト・ブラック

更に裏ワザとしては、市販の突っ張り棒を活用して家具と家具の間や、家具と壁の間の中途半端なスキマをカーテンや布で目隠しちゃうというのもアリです。
その後ろにごちゃごちゃした物を「隠す収納」にする事もできますね。

隠す収納をして、すっきりしたお部屋には、ポイントになるグリーンや小物を置いてインテリアをどんどん楽しんでください。矛盾するみたいですが、「生活感の無い小物」なら、大目にディスプレイしても、心理的に部屋の感じに「広がり」がプラスされます★
icon
icon
フェイクグリーン3点セット
icon

そうそう、目隠し布をプリント地などにしてコーディネートを楽しむのもいいかもですよ!

プリントファニー 間仕切り ロング パーテーション ストリングカーテン
頑張ってくださいね!

 —————————————————-
※このQ&Aは、過去にWEBで実際にお答えした記事の再掲載です。
—————————————————–

Sponsored Links

It's only fair to share...Pin on Pinterest0Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Tumblr0